ecサイト制作はプロにお任せ|運用してからもサポート耐性バッチリ

男性

インターネットを快適に

WEB

対象にならないためには

インターネットサイトを運営していると、いつ誹謗中傷の対象になってしまうかと言うのはわかりません。そのため、インターネットサイトでは、誹謗中傷対策として、業者に依頼をしたり、コメントを承認制にすることにしたりすることをしているサイトも多いです。そうではあるものの、やはり、炎上の対象になるようなことを書かないのが一番誹謗中傷の対象になりにくいです。そのため、文章や画像をアップする時は、一度それを第三者の目線になってみてみて、不快な気持ちにならないかどうかを自分で確認し、社会的倫理に反していないかを考えることが大切です。このように最初から対策を考えておくことで、インターネットサイトの誹謗中傷はある程度避けることが出来ます。

対象となってしまったら

誹謗中傷の対策をしていて、何も悪い書き込みをしていないのにも拘らず、誹謗中傷の対象となってしまう場合も時にはあります。このような場合の対策はどのように行えば良いのでしょうか。まず、インターネット掲示板にそのようなことが書かれてしまった場合は、削除依頼をすることです。インターネット掲示板の書き込みは放置しておくと、後々にもその書き込みを見る人が出てくるので、早い段階で削除依頼を出さなければなりません。加えて、サイトを立ち上げて企業や個人などの誹謗中傷をしている場合に関しては、業者に依頼することで、そのサイトを検索エンジンの検索順位を下位にしたり、サイトそのものを削除依頼することも出来ます。あまりにもひどい場合には本人を特定することも可能です。